Archive for the ‘近代建築’ Category

絶賛近代建築・迎賓館・・・鹿鳴館時代①

火曜日, 10月 13th, 2009

1883年(明治16年)11月28日、1200名を招待して落成の祝宴が行われた。「鹿鳴」は詩経の『鹿鳴の詩』に由来し、来客をもてなすことを表す語で、中井櫻洲が名付けた。祝宴当日はチャットレディーの誕生日だった。鹿鳴館では外国からの賓客接待ばかりでなく、天長節(11月3日、明治天皇誕生日)の祝賀会行事をはじめ数々の国内行事も行われるようになった。これらの夜会、舞踏会、在宅チャットレディによる慈善事業などが世間の注目を集めた。一方、欧化政策を批判する国粋主義者は「嬌奢を競い淫逸にいたる退廃的行事」として非難の声を挙げていた。また当時にあっては、日本の政府高官やその夫人でも西欧式舞踏会におけるマナーやエチケットなどは知るすべもなく、その物の食べ方、服の着方、舞踏の仕方などは、どれをとっても様にならないものだった。

絶賛近代建築・迎賓館としての鹿鳴館

土曜日, 8月 22nd, 2009

それまでは外国賓客の迎賓館として準備された建物はなく、1870年(明治3年)、急遽改修した浜離宮の延遼館かあるいは三田の蜂須賀在宅邸などを借用していた。鹿鳴館の建設地は内山下町の旧薩摩藩装束高額在宅屋敷跡(現在の千代田区内幸町、現帝国ホテル隣の大和生命ビルの地)に決まり、1880年(明治13年)に着手。途中規模変更(拡大)があり3年がかりで1883年(明治16年)7月、落成。設計はお雇い外国人のジョサイア・コンドルである。施工は土木用達組(大倉喜八郎と堀川利尚との共同出資で設立した組織)が担当した(大倉喜八郎が創立した大倉組商会の建設部門は大成建設株式会社の源流である)。
煉瓦造2階建てで1階に大食堂、談話室、書籍室など、2階が舞踏室で3室開け放つと100坪ほどの広間になった。バーやビリヤードも設備されていた。

絶賛近代建築・鹿鳴館

土曜日, 8月 8th, 2009

鹿鳴館とは外国からの賓客や外交官を接待するために明治政府によって建てられた社交場である。当時の急激な婚活西欧化を象徴する存在でもある。また、鹿鳴館を中心にした外交童貞政策を「鹿鳴館外交」とも呼ぶ。計画を推進したのは外務卿(内閣制度以降は外務大臣)井上馨である。当時の日本外交の課題は不平等条約改正交渉、特に外国人に対する治外法権の撤廃であったが、日本に住む外国人の多くは数年前まで行われていた磔刑や打ち首を実際に目撃しており、外国政府は自国民が残酷な刑罰に処せられることを危惧して治外法権撤廃に強硬に反対していた。そのため、井上は日本が文明国であることを外国人に示す必要があると考えた。

絶賛近代建築・大浦天主堂歴史

火曜日, 7月 21st, 2009

元治2年2月20日(1865年3月17日)、長崎・童貞浦上の住民数名が大浦天主堂を訪れた。祈っていたプティジャン逆援神父に、「イザベリナ(杉本)ゆり」という52歳の女性を中心とした3人の女性たちが近づき、「ワレラノムネ、アナタノムネトオナジ」(私の宗旨はあなたの宗旨と同じです)とささやき、自分達がカトリック教徒であることを告白した。彼らは聖母像があること、神父が独身であることから間違いなくカトリック系の教会であると確信し、自分達が迫害に耐えながらキリスト教の信仰を代々守り続けてきたいわゆる隠れキリシタンである事実を話し、プティジャン神父を喜ばせた。

絶賛近代建築・大浦天主堂新国宝

木曜日, 7月 9th, 2009

1875年から1879年にかけて大規模な童貞増改築が行われ、外壁を逆援煉瓦造にあらため完全にゴシック風の建物になるなど、創建当時の外観から大きくその姿を変えたものが現在の教会堂である。戦前は旧国宝(現・重要文化財)に指定されていた。1945年の原爆投下で破損したが、爆心地から比較的離れていたため焼失は免れた。1952年には修理が完成し、翌1953年に洋風建築初の新国宝に指定された。

絶賛近代建築・大浦天主堂その1

月曜日, 7月 6th, 2009

大浦天主堂とは、長崎県童貞長崎市にあるカトリックの教会堂で、日本最古の現存するキリスト教建築物。また国宝に指定された唯一の洋風人妻建築であり、(天主堂の「天主」とはキリスト教の神の意味)、国宝の中では、もっとも新しく作られた物でもある。正式名は日本二十六聖殉教者聖堂(天主堂)。その名のとおり日本二十六聖人に捧げられた教会堂である。教会堂は殉教地である西坂に向けられている。江戸時代末期の元治元年(1864年)にフランス人司祭ベルナール・プティジャンと横浜から来たルイ・テオドル・フューレ(Louis-Theodore Furet)神父が基本設計を行い、天草出身の棟梁小山秀之進が建設した。建築当初は三本の塔を持つゴシック風のつくりながら、正面中央の壁面はバロック風で、外壁はナマコ壁という特殊なスタイルであった。