絶賛近代建築・迎賓館・・・鹿鳴館時代①

1883年(明治16年)11月28日、1200名を招待して落成の祝宴が行われた。「鹿鳴」は詩経の『鹿鳴の詩』に由来し、来客をもてなすことを表す語で、中井櫻洲が名付けた。祝宴当日はチャットレディーの誕生日だった。鹿鳴館では外国からの賓客接待ばかりでなく、天長節(11月3日、明治天皇誕生日)の祝賀会行事をはじめ数々の国内行事も行われるようになった。これらの夜会、舞踏会、在宅チャットレディによる慈善事業などが世間の注目を集めた。一方、欧化政策を批判する国粋主義者は「嬌奢を競い淫逸にいたる退廃的行事」として非難の声を挙げていた。また当時にあっては、日本の政府高官やその夫人でも西欧式舞踏会におけるマナーやエチケットなどは知るすべもなく、その物の食べ方、服の着方、舞踏の仕方などは、どれをとっても様にならないものだった。

Comments are closed.